鍼灸鍼灸治療(月経前症候群 PMS)in 寺塚

その他,ブログ,鍼灸,院内・休診情報2016年8月10日(水)

こんにちは

寺塚はりきゅう整骨院です

 

 

今回は、鍼灸総合治療「月経前症候群(PMS)」についてです

最近、よく耳にする言葉なので、馴染みがある方も多いのでは、

ないでしょうか

 

 

月経前3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、

月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます月経前症候群症状精神神経症状として、情緒不安定、イライラ、不安、眠気、集中力の低下、

睡眠障害、自律神経症状としてのぼせ、食欲不振・過食、倦怠感、

身体的症状として腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張りなどが

訴えられます

 

PMSの原因は、不明ではあるのですが、排卵から月経までの期間(黄体期)に

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が

多く分泌されます

この黄体期の後半に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが急激に低下し、

脳内のホルモン神経伝達物質の異常を引き起こすことが

月経前症候群の原因と考えられています

しかし、脳内のホルモンや神経伝達物質はストレスなどの影響を

受けるため、月経前症候群は女性ホルモンの低下だけが原因ではなく

多くの要因から起こるといわれています

 

 

 

鍼灸治療では、

血流改善・リラクゼーション効果・抗ストレス効果などを目的に

ストレスからくる自律神経系や内分泌系の乱れた機能を調節し

改善・予防していきます

それと同時に、体質改善も行っていきます

 

 

 

ご不明な点、ご相談がございましたら、

一度092-212-8800にご連絡ください

 

 

 

東比恵クローバー香椎クローバー寺塚はりきゅう整骨院 ホームページ
http://triplecrown-f.com/index.html

お問い合わせ、
東比恵:092-210-1100
香椎 :092-206-5500
寺塚 :092-212-8800